忍者ブログ

アートメイクサロン“La paresseuse”の技術者 HIROMIの日記です。旅日記や、日々思ったり感じたりしている事を書いていこうと思います。どうぞ おつきあい下さいね☆ 

La Paresseuse BLOG

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ニケタンでの日々

リシケシュはガンジス川の上流にあたり、ここから24km下るとハリドワールがある。
342bba03.jpeg04029249.jpeg 








滞在したアシュラムは少し高台にあり、インドの喧騒から離れた静かな環境だった。
1日のプログラムは下記の通り。

4:30 起床
5:00 瞑想(1H)
6:30 ヨガ(1H)
8:15 朝食
12:00 昼食
15:15 レクチャー(45MN)
16:00 ティータイム
17:00 ヨガ(1H)
18:00 瞑想(1H)
19:00 夕食

ヨガも瞑想も食事も義務ではなく、好きなだけ外に出て良い。外で食べたいならいくらでも外で食べられる。ただ夜には門限があり22時には門の鍵が閉まってしまうので気を付けなければならない。しかし、ここリシケシュ(ハリドワールも)はヨガの聖地の為 町ごとベジタリアンで お酒はどこにも無い。
ので、夜遊びする所も無く真っ直ぐ帰るしかないので締め出される事は無かった。煙草だけは買えた。しかしアシュラム内は禁煙。
ここの長期滞在により、帰国後 牛肉が食べられなくお酒も一杯くらいしか飲めなくなってしまったのだった・・・。日曜日は全てのレッスンお休み。暑さと移動に疲れていたので ゆっくりするには持ってこいの環境だった。食事の心配をすることも無く、良く寝た。ヨガは気温が高いと身体が良く曲がる。先生はみんな若い男性で体操の先生風。のちにみんな友達になってしまうんだが。瞑想とレクチャーの先生、スワミは別だった。
abc3d913.jpeg





犬と戯れるスワミ


瞑想とレクチャーは面白かった。ヨガより真面目に瞑想に出た。
レクチャーはスワミに自由に質問したり、ヨーガについて教えてもらう時間だ。ヨガはいつも混んでるのだがレクチャーは少ない。スワミと2人だけの時間もあった。瞑想室は特別な空間で、何故か座って瞑想を始めると 身体がゆっくりグルグル回ったり、縦横に揺れてしまう。多分磁場か何かの影響じゃないかな~と思ったんだけど。スワミに聞いたら、それは身体が軽くなってきてるからだと言われた。その場に居合わせたインド人男2人組が、そのうち君は宙に浮かぶ事ができる様になるよ、と言う。それは嫌だよ、それだけは避けたい、と答えたが 何日か後、私は単に2人にからかわれていたんだと解った。
あと瞑想中に、夢の様なビジョンもあった。サル人間が出てきて古い皮のバッグから羊皮紙のような、パピルスのような紙の束を取り出し私にくれるのだ。これ何?と聞くと笑って消えてしまった。横にもう1人隣に白い人が座っていたので 彼に聞いたら「ギータ」といって消えてしまった。その後、街を歩いたらヒンドゥにサルの神様がいる事に気付いた。ハヌマンだ。これをカナダ人のテリーに話したらすごく興味を持っていた。もちろん、帰ってきてすぐバガバット・ギータを読んだ事は言うまでもない。

リシケシュはデリーやアーグラーと比べると少し涼しいのだが 二泊したところで部屋を変えてもらう。上はやっぱり暑くて昼寝は無理だった。隣に中国人の女の子が入った。名前はサブリナ。名前は?って聞いたらサブリナって呼んでと言われたから。ライターだという。何を書いてるの?ラブストーリー。確かに、いつもピンクの服でラブリー。日焼けをとても気にしていつもピンクのサンバイザーを付けてた。中国人ツーリストはいるにはいるが 女子の一人旅は少ない。日本人では、世界一周旅行中のリナ、リナに会いに来たマイ、クンブメーラを一緒に旅した美佳、なんか元気なヨシ、オーストラリア人とアジア人(国籍忘れた)のハーフのレベッカ、アメリカ育ちの台湾人お医者様ジョンと韓国人の妻ユワン、カナダ人のテリー、韓国人のジャスミンとジョアンと仲良くなった。
6409e793.jpeg








 レベッカ

チョティワラというレストランの前で。
チョティワラというキャラに扮した客引きおっさんと、ヨシと美佳。
ae155976.jpeg3ac791e9.jpeg 








ここに滞在する人達はパッカーが多い。しかし、クンブメーラ祭の為、ヨガを学ぶインド人や外国人も滞在していた。最低12日の滞在だが もっといたければ何日延泊してもよい。私の滞在中 来る人もいれば出て行く人もいた。スタッフとも仲良くなった。
食事を準備してくれるおじさんで、なんとシャンティさんがいた!私は「シャンティ」という名をHNとして良く使ったいる。 とても気のいい人で いつも、もっとクッキーくれとか、バナナくれとか甘えさせてもらった。年上だと思ってたが またもや年下だった。
c135de01.jpeg






 左がシャンティ。

彼らは住み込みで働いている。家族と遠くはなれ、電話は10日に一度位しか出来ない。家族の話をすると寂しそうだが、愚痴は言わない。お給料はヨガの先生で月3000ルピーだそう。シャンティ達はもっと少ない。服はいつもボロで部屋も狭い。でも夜は建物の上に古いマットレスを敷き アシュラムで飼っている犬達とみんなで星空の下に眠る。部屋の中で眠るより、彼らの方がずっと素敵だな~と思った。
f10215b0.jpeg





白い建物の屋上が彼らの寝室。
 

拍手[1回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by NONAME
  • 2010/06/18(Fri)21:13
  • Edit
毎日じゃつらいかもだけどたまに星空の下で寝るのも悪くない~。(蚊がいなければ)

無題

  • by hiromi
  • URL
  • 2010/06/20(Sun)01:10
  • Edit
蚊?いるよ。マラリアなどの病気があるから怖いです。
滞在中たっくさん食われました。今のところ大丈夫です。
GHの部屋には大抵虫除けボトルがあるので安心ですが、外はきびしい~!
私は基本 毎日でも平気で寝れると思う。

TRACKBACK

Trackback URL:

フリーエリア

プロフィール

HN:
HIROMI
HP:
性別:
女性
職業:
自営業
趣味:
自己紹介:
早稲田にてアートメイクサロンをしています。出張もするよ~♪興味があったらご連絡ください。バックパックの旅が大好き。息子達を放ってふらっと旅に出ます。ふふふ。

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

フリーエリア

カウンター

最新記事

ブログ内検索

バーコード

最新CM

[02/01 hiromi]
[01/31 504]
[06/22 hiromi]
[06/22 hiromi]
[06/21 NONAME]

最古記事

フリーエリア

アクセス解析

Copyright ©  -- La Paresseuse BLOG --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]