忍者ブログ

アートメイクサロン“La paresseuse”の技術者 HIROMIの日記です。旅日記や、日々思ったり感じたりしている事を書いていこうと思います。どうぞ おつきあい下さいね☆ 

La Paresseuse BLOG

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

腹を括った日

アーグラー滞在は インド滞在の中でも一番バタバタした1日だった。
何しろ暑いし、タージマハルだけ見てさっさと北に向かいたかった。

駅について、早速デリー経由でリシケシュへ向かう電車のチケットを取ろうとチケットオフィスに出向く。インド人が群がって来て、あーでもないこーでもないと話しかけてくる。ほっといてくれとも思うが有益な情報も得られるのは確かで、その間合いが難しい。

チケットはWL(ウェイティングリスト)しかなくて諦める。
リシケシュはクンブメーラ祭にインド中から人が向かうので 一番安い電車は込んでるとの事。私を掴んだインド人ガイドのアキールが、リシケシュに行きたいなら直通のバスがあるよと教えてくれる。バスチケットは乗り場に行って直接買うか旅行会社に行くしかない。乗り場は遠くて席が無いケースもある為、アキールに連れて行ってもらうのが一番楽な方法だった。ついでにタジマハールにも連れて行ってもらう事にする。荷物もあるし。ぼられるのは嫌なので先に料金交渉した。
彼は急に神妙な顔をして、もう僕達は友達だけど これも一応ビジネスだし・・・なんて言い、1日拘束で600ルピーと言われた。500にしてくれと交渉したら、それはボスに払う値段なんだ、100が僕の取り分さ、というので迷ったがOKする。早速荷物をボスのオフィスに預けに向かう。ボスはMAYAという名のGHとレストランの経営者だった。荷物を預けて さあ旅行会社に連れて行ってくれるのかと思ったが、まだ時間が早いから開いてないと言って床屋に寄った。なんで床屋?と思ったが彼はひげを剃りたかったのだ。面白かったのでOKした。通りに面にした3坪程度の床屋に子供が3人テレビを見ていた。アキールは椅子に座り15、6歳の子供がシェービングクリームをぬり始めた。写真を撮ってもいいかと聞くと、アキールは僕はモスリムだから撮らないでくれ、と掌を上げた。そんな戒律あったか?
0d9f7497.jpg









旅行会社には日本語ペラペラのお洒落なインド人がいた。いい人そうだった。夜行バスのチケットを確保し タジマハールの裏側、ヤムナ川にあるマターブバーグに行く。黒いタジマハールの建設を予定していたとされている場所で今は国立公園になっている。
216d6126.jpegb3d6d79c.jpeg








公園の中に甘い木の実をつけた木があった。アキールは朝ご飯食べてないんだと木の実をむしゃむしゃ食っていた。油断している所を隠し撮り。
9ff0e692.jpg








公園の横にあったセクトの教祖像。食いだおれかと思った。
89521c38.jpg










ボスのレストランで昼食を取る。アキールが悪いが500だけ今払ってくれないか?ボスにいま払わないといけないんだと言われ、500渡す。午後にタジマハールに入る。入場料が高かった。インド考古学局に払うお金が足されているからだ。入り口には長ーい列。そこで内部をガイドするよとインド人が声をかけてくる。僕と入れば列になんか並ばんでいい、すぐ入れるんだ 何時間も並ぶよ、と。断って一番後ろに並ぶ。良く見ると列は2つ。レディスは別なのだ。そっちに移ると、外国人はこっちと手招きされる。ガイドを一瞥する。すぐ入れた。そりゃそうだ。現地人の何倍もの値段を払ってるんだもの。手荷物検査をしていた時に隣にいた女の子と母親に「暑いね。」と覚えたてのヒンディで声を掛けた。二人とも美人だった。中に入るとタジマハールがこちらを見ていた。
bc6ff03e.jpg8bf0dfbf.jpg







モスク
889dba6a.jpegb61e58ed.jpg









暑い暑い暑い。白い大理石は光を跳ね返して暑い!
中は若干涼しかったが・・・・やっぱ暑いっ。
ec05f6fa.jpge496fe24.jpg9d70e74c.jpg







白いぽこぽこが一杯入る。

タジマハールの外で暑さにフラフラして座っていたら さっきの美人家族が一緒に写真を撮ってくれというので撮ってもらった。ついでに私のカメラでも撮ってもらう。
5354266d.jpg







娘は写真よりずっと美人。横顔が美しいのだ。

MAYAに戻り ボスであるオーナーと話しこむ。チャイとおやつを頂きシャワーを浴びさせてくれとお願いしたら快くOKしてくれた。オーナーの私部屋で あまりにもプライベート空間なので少し躊躇したが、鍵もあるしゆっくり暖かいシャワーを浴びる。少し休み、また彼と話をする。おじさんだと思ってたが年下だった。良く見ると目の色がとても薄くグリーンがかっていて、とてもセクシーだった。目で口説かれていた。独身でビジネスは上手くいってるが、結婚する気は無いんだよと、ここに泊まっていけばいいじゃないかという。部屋はいくらなの?と聞くと要らないって。でも私は前回も旅の途中で失敗してるからと断ると うーん仕方ない そうか、と解ってくれた。
アキールはその間アメリカ人家族をどこかに連れてっていた。他のバイトだ。彼が戻ってきて、少し外に行こうと言った。土産物屋に行かないかと誘われ、私は怒った。土産を買うために来たんじゃないって言ったよね、何も買わないよ、それでいいならと付き合ってあげる。
彼は、全く君は凄いよ、強い女性だ、それにあのオーナーとあんなに親密に話すなんて。僕のグルに会わないか?彼は英語が上手でアメリカやフランスでも公演に呼ばれる凄い人なんだ。彼がアーグラーに来るから彼と一緒にリシケシュに行けばいいよ、彼もクンブメーラに行くんだ。ガソリン代だけでOKだよ、これから夜彼を迎えに行くんだ、ととんでもない提案をされる。
グルには惹かれたが、知らない人とそんな旅はごめんだ。それにチケット買っちゃったじゃないか! ハッと気付く。ねえ、時間何時だったっけ? 9:30だよ。大丈夫、バス停まで30分、時間あるとアキール。控えを見ると8:30じゃないか!もう7:30だった。急いで旅行代理店に向かう。なんとバス乗り場はアキールの言ってた所じゃなかった! リクシャーで1時間はかかると。代理店の彼は 急いでね、もう時間だよだって。
アキールは困った顔して、どうしよう、グルを迎えに行かなければならないんだ、いいじゃないか僕のグルと行けばいい。え~!?私はバスに910ルピーも払ってんのよ!無駄にしろって言うの!?とにかくバス停に行って!バスに間に合わなかったら考えるから。早く!急いで急いで! アキールの顔に焦りが見えた。エンジンをフル回転して飛ばす。
くそっ、ちゃんと確認しとくんだった!

しかし、こんな事ってあるんだろうか?赤信号でエンストしてしまう。
エンジンがかからない。脇に寄せて一生懸命エンジンをかけようとする。かからない。
アキール!もう8時だよ、何やってんのよ!と叱り飛ばす。分かった、間に合わなかったら君は僕のグルと行けばいい、これから僕は彼を迎えに駅に行くから。え゛ー? 駅で僕が変わりのリクシャーを探して乗せてあげる。はぁー?と言ってるうちにエンジンがかかった!飛ばせ飛ばせーっ!!夜の風に吹かれながら、ダメだったらしょうがないと腹を括った。
駅は込んでいた。アキールは周りのリクシャー達に片っ端から声をかけた。若い男の子が僕が行くと言ってくれた様だ。アキールは8:30のバスに間に合わなかったら私をここに連れて戻ってくれと彼に頼んだ。荷物と一緒にリクシャーを乗り換え、ぶっ飛ばしてもらった。彼の運転は上手かった。映画TAXIの冒頭シーンみたいだった。かっこよくて気持ちいい~~。
しかし、また暫くして渋滞にはまった。交通規制の様だ。
私はまた 何してんのぉ!もう8:25分、急がないと乗り遅れる~っ!て叫び続けた。人が集まってきたが 誰も英語が分からなかった。5分止まって動き始めた。バス停はすぐそばだった。着いたのは35分。若いリクシャーワーラーに70ルピー払い、彼の腕に10足してやった。ここで待っててと頼み、バスを探しに走る。あった!すごいボロバス。まだ誰も乗ってない。外に立っていた人に確認、間違いなかった。もう40分過ぎていた。日本人の女の子に会う。まだトイレに行く時間はあるというのでトイレに駆け込む。夕食にスナックを買い無事乗車。
あ~良かったぁ。。。。

あ、アキールの取り分 100ルピー払い忘れた。

バスが動き始めると車掌さんがカチャカチャと料金レシートを打って渡してくれた。
“スリーパー 350ルピー”

旅行会社に560ルピーもぼられた・・・・。
 

拍手[3回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

フリーエリア

プロフィール

HN:
HIROMI
HP:
性別:
女性
職業:
自営業
趣味:
自己紹介:
早稲田にてアートメイクサロンをしています。出張もするよ~♪興味があったらご連絡ください。バックパックの旅が大好き。息子達を放ってふらっと旅に出ます。ふふふ。

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

フリーエリア

カウンター

最新記事

ブログ内検索

バーコード

最新CM

[02/01 hiromi]
[01/31 504]
[06/22 hiromi]
[06/22 hiromi]
[06/21 NONAME]

最古記事

フリーエリア

アクセス解析

Copyright ©  -- La Paresseuse BLOG --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]